インフルエンザ予防薬よりも効果的だった乳酸菌


動物の生存率は、インフルエンザと大きな関係があります。当然ですがインフルエンザは、動物に対して悪い影響を及ぼしてしまうものです。

 

インフルエンザを発症しない方が生存率が高まる訳ですが、実はそれは乳酸菌との因果関係が見られるのですね。しかもそれは、インフルエンザの予防薬よりも効果が高いとのデータもあるのです。

 

インフルエンザの薬より効果が大きかったEF乳酸菌


実は以前に、動物のマウスに対して乳酸菌を摂取した実験が行われた事があります。それで上記のようなデータが実証されたのですね、パーセンテージによってそれが示されたのですね。
まずマウスのグループAに対しては、単純に食塩水だけを与えてみたのだそうです。それに対してグループBの場合は、インフルエンザに抵抗する為の薬を与えてみたのですね。

 

その結果、病気の発症率に関する差が現れました。まず食塩水を摂取したマウスの場合は、ほぼ100%の確率でインフルエンザになってしまったようなのです。ところが前述の薬お摂取されたマウスの場合は、発病率が50%程度だったようですね。ですのでマウスに対しては、薬が効果を発揮していた事だけは確かでしょう。

 

興味深いのは、それと乳酸菌の比較です。実はマウスのグループCに対して、EF乳酸菌と呼ばれるものが与えられたのですね。それらのグループの場合は、発病率は極めて低い状況でした。25%程度になっていたのだそうです。パーセンテージがゼロになった訳ではないのですが、少なくとも発症率が極めて低くなったのは確実でしょう。

 

そして興味深いのが、上記のインフルエンザを防ぐ為の薬との数字の違いですね。インフルエンザの予防薬の場合は50%程度ですが、EF乳酸菌の場合は、実にその半分程度の割合という事になります。ですので明らかに、その乳酸菌が大きな効果を発揮していた訳ですね。

 

ちなみに上記のような話は、人々による口コミによっても証明されている場合があります。乳酸菌のサプリなどを購入した方々は、たまにネットで口コミを投稿しているのです。その内容を見てみますと、サプリのおかげで風邪を発症しなくなったとの内容をたまに見かけます。

 

人によっては、インフルエンザの薬よりも効果が大きかったとの投稿している事もあります。薬ではなかなか病気をする事が難しかったのですが、サプリによってインフルエンザにかかる確率が激減したとの話もたまに見かけます。
ですので乳酸菌は病院などから処方されるインフルエンザの予防薬よりも、効果が高いと推理できる訳ですね。